【株式会社シネマ雄】オペラ映画 モーツァルト「フィガロの結婚」指揮 カール・ベーム 名作オペラを映像でお楽しみいただけます

フィガロの結婚 華麗なる恋の輪舞を序曲にモーツァルトの最高傑作が世紀のキャストでスクリーンに花開く

1976年 / ドイツ映画 / イタリア語版(日本語字幕付) / 3時間2分




解説 フィガロが歌うと愛の奇跡の幕が開く 
心が浮き立つような、あの有名な序曲に始まり、珠玉のアリアが次々と登場する、モーツァルトの代表的なオペラ。

指揮の巨匠カール・ベームは、モーツァルトをもっとも得意とし、交響曲全集と主要なオペラのほとんどを録音するなど、その演奏には定評がある。
 


貴族社会が終末を迎えようとしていた18世紀末のヨーロッパ。恋の迷宮に迷い込んだ男と女が。本当の愛と幸せを求めてくりひろげる喜歌劇。
物語 貴族社会が終末を迎えようとしていた18世紀末のヨーロッパ。恋の迷宮に迷い込んだ男と女が。本当の愛と幸せを求めて繰り広げられる喜歌劇。
キャスト&スタッフ

アルマヴィーヴァ伯爵・・・D.フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
伯爵夫人・・・・・・・・・キリ・テ・カナワ(ソプラノ)
スザンナ・・・・・・・・・ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
フィガロ・・・・・・・・・ヘルマン・プライ(バス)

作曲:W.A.モーツァルト
監督:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:カール・ベーム
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 
キャスト D.フィッシャー=ディースカウ、キリ・テ・カナワ、ミレッラ・フレーニ、ヘルマン・プライ 
 スタッフ W.A.モーツァルト、監督 ジャン=ピエール・ポネル、指揮 カール・ベーム、演奏 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


「恋とは、どんなものかしら」
「もう、とぶまいぞ、この蝶々」
「もし、踊りをなさりたければ」 他
アリア 恋とは、どんなものかしら もう、とぶまいぞ、この蝶々 もし、踊りをなさりたければ 





Copyright (C) 2017 Cinema You  All rights reserved.