【株式会社シネマ雄】オペラ映画 モーツァルト「魔笛」監督 イングマル・ベルイマン 名作オペラを映像でお楽しみいただけます

魔笛 巨匠ベルイマンと天才もーつぁつろの華麗なる出会い、その笛を吹くと、愛の奇跡が起こる。若者たちの愛と祈りの神も微笑んだ。
1975年 / スウェーデン映画 / スウェーデン語版(日本語字幕付) / 2時間15分




そのあふれる才能に、神も嫉妬したといわれる天才モーツァルト。そのモーツァルトが最後に描いたオペラであり、彼の音楽の集大成といわれる名作です。
古代エジプトを舞台に、魔法の笛と心を打つ数々のアリアに導かれながら、主人公たちは不思議なメルヘンの世界へと迷い込んで行く。そこで彼らが見たものとは-。

天才モーツァルトが生前、もっとも愛したオペラといわれ、時代を越えて、世界中のオペラファンに愛され続けてきた、オペラの宝石<魔笛>。

この映画を観た後は、きっとモーツァルトが好きになる-。
魔笛 モーツァルトの名作オペラを完全映画化。魔法の笛を序曲にいま壮大なメルヘンオペラんほ幕が開く
魔笛 キャスト&スタッフ ヨーゼフ・ケストリンガー、イルマ・ウッリラ、ホーカン・ハーゲゴード、ピルギット・ノールディン

タミーノ・・・・・・・ヨーゼフ・ケストリンガー(テノール)
パミーナ・・・・・・イルマ・ウッリラ(ソプラノ)
パパゲーノ・・・・ホーカン・ハーゲゴード(パリトン)
夜の女王・・・・・・ピルギット・ノールディン(ソプラノ)

作曲:W・A・モーツァルト
指揮:エリック・エリクソン
監督:イングマル・ベルイマン
 
 
作曲 W・A・モーツァルト、指揮 エリック・エリクソン、監督 イングマル・ベルイマン
主なアリア

「おれは鳥刺し」
「何と美しい絵姿だろう」
「復讐心は地獄のように燃え」
「愛の喜びは霧と消え」
アリア おれは鳥刺し、なんと美しい絵姿だろう、復讐心は地獄のように燃え、愛の歓びは霧と消え





Copyright (C) 2017 Cinema You  All rights reserved.