シネマ雄へようこそ
 
【音楽伝記映画】

あの名曲はこうして生まれた!

歴史に名を残した作曲家たちの生涯を名曲とともにおくる音楽伝記映画。
ピアノや管弦楽のコンサートと一緒にどうぞ。


未完成交響曲 シューベルトの恋 ≪シューベルト≫

オーストリア/1959年/97分/カラー
監督:エルンスト・マリシュカ
出演:カール=ハインツ・ベーム、ヨハンナ・マッツ、マグダ・シュナイダー

解説:シューベルトの秘められた恋を名曲の数々に乗せて描いた音楽映画の金字塔。
シューベルトの名曲でつづったA・M・ヴィルナーの歌劇『三人姉妹の館』のエルンスト・マリシュカが脚色・監督。シューベルトを演じるのは20世紀の世界的指揮者カールベームの子息カール=ハインツ・ベーム。

別れの曲 ≪ショパン≫
ドイツ/1934年/91分/モノクロ
監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
出演:ヴォルフガング・リーベンアイナー、ハンナ・ヴァーク、シビル・シュミッツ

解説:ショパンの若き日の愛と苦悩が、初恋の人コンスタンティアとの悲恋を縦糸に、ジョルジュ・サンドラやフランツ・リストら豪華な登場人物たちとの交流を横糸にして、鮮やかに描かれた名作。
主演は、後に監督として音楽映画の傑作『菩提樹』などの名作を残したヴォルフガング・リーベンアイナー。

エロイカ≪ベートーヴェン≫

オーストリア/1950年/97分/モノクロ
監督:ヴェルテル・コルム=フェルテ
出演:エヴァルト・バルゼル、マリアンネ・シェーンナウア、ナージャ・テイラー

解説:ベートーヴェンの生誕180年を記念して、当時のオーストリアの映画界と音楽界が総力を挙げて作り上げた伝記映画の傑作。
主演は、ベートーヴェンを演じさせればこの人と謳われた、名優エヴァルト・バルゼル。全編に流れる名曲の数々は、ドイツの名指揮者ハンス・クナッパーツブッシュが担当。

モーツァルトの恋≪モーツァルト≫

オーストリア/1942/111分/モノクロ
監督:カール・ハートル
出演:ハンス・ホルト、ヴィニー・マルクス、イレーネ・フォン・マイエンドルフ

解説:天才モーツァルトをめぐるウェーバー家の姉妹との三角関係、そして成功の絶頂期を迎えたモーツァルトに静かに忍び寄る病魔の影。生き急いだ天才作曲家の愛と青春と苦悩を珠玉の名曲とともに辿る、幻のモーツァルトの伝記映画。

愛の調べ≪シューマン≫

アメリカ/1947年/118分/モノクロ
監督:クレランス・ブラウン
出演:キャサリン・ヘプバーン、ロバート・ウォーカー、ポール・ヘンリード

解説:19世紀に女流ピアニストとして活躍したクララ・シューマンと、作曲家で夫のシューマン、弟子ブラームス、友人リスト、ロマン派を代表する作曲家たちの波乱に満ちた半生を名曲の数々とともに描いた音楽映画の傑作。
主演は、4度のアカデミー賞受賞に輝くキャサリン・ヘプバーン。

グレート・ワルツ≪ヨハン・シュトラウス2世≫

アメリカ/1938年/102分/モノクロ
監督:ジュリアン・ディヴィヴィエ
出演:フェルナン・グラヴェ、ルイーゼ・ライナー、ミリザ・コルジャス

解説:フランスの映画監督ジュリアン・ディヴィヴィエが、初めてハリウッドに渡って作った、ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世の伝記映画。
史実から離れてハリウッド流に脚色されているが、世界中の才能が集まって制作された大作らしく、見どころ、聞きどころ満載の超一流エンタテインメント作品。

アメリカ交響楽≪ガーシュウィン≫

アメリカ/1945年/141分/モノクロ
監督:アーヴィング・ラパー
出演:ロバート・アルダ、ジョーン・レスリー、アルバート・バッサーマン

解説:『ラプソディ・イン・ブルー』、『スワニー』、『巴里のアメリカ人』、『ポギーとベス』など数々の名曲を生み出した、アメリカを代表する作曲家ジョージ・ガーシュウィンの短い生涯を描いた伝記作品。ガーシュウィンの名曲が全編にちりばめられ、ミュージカル的なレビューシーンを織り込みながら、その生涯が丁寧に描かれている。

上映料は、会場席数、上映形態によって異なります。
問い合わせは

シネマ雄 まで

Tel:052-322-7590 Fax:052-322-7579

お問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright© 2013 Cinema You  All rights reserved.