■映画上映■ シネマ雄へようこそ
ガイアシンフォニー第四番

21世紀に生まれ、育つ子供達のために…
  
21世紀は、人類のあらゆる営みの基盤にやわらかな"霊性"(スピリチュアリティ)が求められる時代になって来ると思います。教育・文化、芸術の分野ではもちろんのこと、従来は"霊性"とは縁遠いと思われていた政治、経済、科学などの分野でも、それが最重要な課題になってくると思うのです。なぜなら、"霊性"を持たない人類の営みが、我々人類だけでなく、この地球の全生命の未来を危うくしていることに、もう誰もが気づきはじめているからです。
"霊性"とは、私たちひとりひとりが、日々の何気ない営みの中で、「自分は、母なる星地球(ガイア)の大きな生命の一部分として、今ここに生かされている。」ということを、リアルに実感できる、その力のことをいうのです。自分の内なる"霊性"に目覚めることによって、人は謙虚になります。日々の出来事に対して、感謝の気持ちを持って対処できるようになります。自分以外の生命のことを、本気で考え、行動し、祈ることができるようになります。遠い未来を想い、遙かな過去を感じる力だって甦ってくるかもしれません。そしてそのことが、結局、自分自身をもっともしあわせにするのだ、ということに気づき始めるのです。内なる"霊性"に目覚めるのに、必ずしも旧来の宗教が必要だとは思いません。
21世紀に生まれ、育つ子供たちにとって、"霊性"に目覚める道は無限にあります。科学、芸術、スポーツ、教育、経済、政治・・・・・・。ただ、確認しておかなければならない大切なことが、いくつかあると思います。まず第一は、「全ての人の中に"霊性"の芽が必ずある」ということへの揺るぎない信頼です。この信頼があってこそ、"霊性"に目覚める無限の道が開けるのです。そしてもう一つは、「この"霊性"の芽は、育まなければ開花しない」ということです。"霊性"と"自我"は同じ力の表と裏です。人間に与えられた最大の特徴です。放っておけば「自分さえしあわせであればよい」という方向に向かう力です。だからこそ、"育む"事が必要なのです。ただ、その為に簡単なマニュアルはないでしょう。なぜなら、"霊性"は究極的には、ひとりひとりが、自分自身の力で、自分自身のやり方で開花させてゆくものだからです。だとすれば、21世紀に生まれ育つ子供たちちのために、今の私たちに何ができるでしょうか。私は「地球交響曲」という映画を通して、世界の何人かの人々の生き方、考え方を提示し続けたいと思っています。彼らの生き様が、子供たちの"霊性"を育むのに役立つか否かはわかりません。
ただ、「子供たちの中に必ず存在する、内なる"霊性"を激励する」という強い想いを持って、この映画を作り続けます。必ずしも、直接子供たちに語りかける、という手法はとりません。なぜなら、子供たちの"霊性"を育むのは、映画そのものではなく、子供たちの日常に直接触れている大人たちの中の"霊性"であるからです。

このようなビジョンをもって、21世紀最初の「地球交響曲第4番」に4人の出演者を提案します。

 
−監督 龍村 仁
 
出 演 者
……4 T H    P E R S O N A R I T Y……
ジェームス・ラブロックジェームス・ラブロック(生物物理学者)

ご存知「ガイア理論」の創始者です。
映画「地球交響曲」のシリーズは、彼の理論に勇気を与えられて、1989年にスタートしました。以来、10年間の夢が実り、21世紀最初の「地球交響曲第4番」についにご本人の登場となります。ラブロックの「ガイア理論」は、地球科学、生命科学の分野に様々な刺激を与えて来たばかりでなく、さらに人々の霊性の目覚めにも大きく貢献してきました。

地球はそれ自体が大きな生命体である。全ての生命、空気、水、土などが有機的につながって生きている。これをGAIA (ガイア)と呼ぶ。----ジェームス・ラブロック
ジェーン・グドールジェーン・グドール(野生チンパンジー研究家)

子供たちのための環境教育活動家。
ジェーン・グドールは、自伝「Reason for Hope」 (なぜ今、希望が必要か)=「森の旅人(邦題)」を出版した。その原書の見開き1頁めに、美しいジェーンのモノクロのポートレートがある。キャプションに、故・星野道夫撮影、とある。「地球交響曲第3番」の出演者であり、撮影開始直前に亡くなったアラスカ在住の星野道夫が、生まれて初めて訪れたアフリカがタンザニアのジェーン・グドールのチンパンジー保護区だった。ジェーン・グドールは、40年前、26才の時、有名な人類学者ルイス・リーキの薦めで、母ヴァンヌと共に、たった二人でタンザニアのジャングルに入り、チンパンジーの観察、研究を始めた。女性としての生命の対するやわらかく、広い視野からの研究は、霊長類学会に大きな変化をもたらした。
ジェリー・ロペス
ジェリー・ロペス
(レジェンド・サーファー)

毎年12月、ハワイ・オアフ島のノース・ショアでは高さ20フィートを越える津波のような巨大な波が立つ日がある。日頃は先を争って海に出る大勢のサファーたちもこんな日ばかりはただ、砂浜に座ってこの計り知れない地球(ガイア)の力に圧倒されて波をみつめている。そんな時、どこからともなく現れたひとりの小柄な男が、静かに、まるで何事もないかのように海に入っていったかと思うと、巨大な波の壁に美しい一本の白線を描きながら滑り降りてきて、また、何事もなかったかのように、静かに去ってゆく。それがジェリー・ロペスだ。
名嘉睦稔
名嘉 睦稔
(版画家)

名嘉睦稔は、風の伝言{いあい}が聴ける。鳥と話ができる。キジムナ{樹の精霊}は兄弟だし、海に素潜りで30メートルはゆけるし、イルカやジュゴンが親しげに寄ってくる。三線{さんしん}は、ほとんど彼の肉声であり、沖縄空手の達人で、神話を語らせれば、右にでるものはいない。少年時代に沖縄の孤島で育った彼は、現代人が成長のプロセスで閉じてゆく母なる星・地球と会話する回路を次々と聞きながら成長し、フト気が付くと、版画家になっていた。
 

ガイアトップへ】 【第一番】 【第二番】 【第三番】 【第四番】 【第五番】 【第六番

戻る