ガイアシンフォニー第六番

  
「全ての存在は響き合っている」

最近のめざましい科学技術の進歩によって、この宇宙の全ての存在、すなわち銀河系、太陽系、地球、海、山、川、森、岩、動物、植物、バクテリアから原子のひとつひとつまでもが、それぞれに独自の“音楽”(vibration)を奏でていることが分かってきました。
「人間が音楽をつくる以前に、“音楽”がこの宇宙をつくり、生命を生み出し、人間をつくった」という宇宙物理学者もいます。

「ナーダ ブラフマー = 世界は音なり」という言葉があります。
数千年前から伝えられているインド、ヒンドゥー教の教えですが、これと同じ教えは、仏教をはじめ世界のあらゆる宗教や神話の中にもあります。
我々人類は、科学が進歩するはるか以前から、この真理を知っていたのです。
21世紀の科学は、宇宙物理学、電子工学、生物学、医学、遺伝子工学など、あらゆる分野で、この「ナーダ ブラフマー」という真理を再発見しつつあります。

我々が住むこの世界は、生々流転する全ての存在が、それぞれに独自の“音楽”を奏でながら、互いに響き合い、次々と新しいハーモニーを生み出しつつ、ライブ演奏されてゆく壮大なシンフォニーのようなものなのです。
ところが最近、この悠久のシンフォニーの中に、著しく調和を乱す“楽音”が聞こえるようになりました。我々人類が発する“楽音”です。甚だしい不協和音が発せられ続ければ、シンフォニーは当然調和を失い、カオス状態に陥り悲惨な結末を迎えることになります。

我々人類が不協和音を奏でるようになった理由ははっきりしています。
自分だけの利便や安楽を求め続けるあまり、自分以外の存在が奏でる“音楽”を聴く耳を閉じてしまったからです。共演者が奏でる“音楽”を聴かないで、美しい交響曲の創造に参加することなどできるはずがないのです。

今我々人類に早急に求められているのは、自分以外の存在が奏でる“音楽”を聴く耳をもう一度開くことです。そして、“耳を開く”ことはとても簡単で楽しいことです。
閉じているのは我欲に呪縛された“耳”だけです。私達のからだを構成する1028乗個もある原子の一つ一つは、今この一瞬にも、外の世界に存在する全ての原子達と響き合いながら、美しいシンフォニーを奏でています。それが“生きている”ということです。
内なる音楽を聴くことは、外なる“音楽”を聴くことであり、外なる音楽を聴くことは、内なる“音楽”を聴くことです。

 

−監督 龍村 仁
 
出 演 者
……6 T H    P E R S O N A R I T Y……

ケリー・ヨスト
ケリー・ヨスト(ピアニスト)

1940年アメリカ・アイダホ州ボイシー生まれ。6歳よりピアノを始める。アイダホ大学で音楽と哲学を専攻。2000年『地球交響曲第四番』にフィールドの『ノクターンNo.1』が、2004年『地球交響曲第五番』ではバッハの『プレリュード第一番』とパッヘルベルの『カノン』が挿入曲として使われた。彼女の音楽の源泉である、アイダホの自然環境保護運動においても中心的な役割を果たしている。

「自ずと然る(おのずとしかる)」


ロジャー・ペインロジャー・ペイン
(海洋生物学者)

1935年、ニューヨーク生まれ、ハーバード大卒、コーネル大で“音で世界を見る動物”コウモリやフクロウの研究で博士号を得た。1967年、初めてザトウ鯨と出会い、鯨と海の環境保護をすすめる団体、“Ocean Alliance”を設立。当時彼が出版したCD「ザトウクジラの唄」は世界中で400万枚を超える大ベストセラーとなった。調査船「オデッセイ号」に依る海洋調査航海は延べ100回を超える。2005年、5年間に渡るマッコウクジラの体内に蓄積するPCB汚染の調査を終え、間もなく結果を世界に公示する。

「美が世界を救う」
ラヴィ・シャンカール

ラヴィ・シャンカール(ミュージシャン、シタール奏者)

1920年インド・ベナレス生まれ。67年国連人権週間で、ユーディ・メニューインと共演。60年代、モントレー、ウッドストックなどのフェスティバルに出演。ニューエイジの若者達に圧倒的な支持をうける。74年インド音楽の原点に回帰する運動を開始。以後、世界の音楽家、政治家、経済人と交流を深める。

「音は神なり」

アヌーシュカ・シャンカールアヌーシュカ・シャンカール(シタール奏者)

1981年ロンドン生まれ。7歳から父ラヴィ・シャンカールの元でシタールを学び始める。13歳の時、ニューデリーでステージデビューを果たす。17歳でファーストソロアルバムを発表。2001年グラミー賞、ワールドミュージック部門に最年少でノミネートされる。2002年、父のことを書いた自叙伝を発表。4作目のアルバム"Rise"を05年9月にリリース。また、このアルバムもグラミー賞にノミネートされる。「地球交響曲 第六番」のテーマ曲となった「Naked」は"Rise"による。

ポール・ウィンター
ポール・ウィンター(ソプラノサックス奏者)

1931年生まれ。67年、ブラジルの音楽に触発された新しいグループ、ポール・ウィンター・コンソートを結成。翌68年に初めて耳にしたザトウクジラの歌は、ポールの音の世界に対する概念を広げ、オオカミの遠吠え、日本の丹頂をはじめとする自然界の音を積極的に取り入れるようになりアースミュージックの先駆者といわれる。80年に自らのレーベルであるリビング・ミュージックを設立し、コネチカットの森に囲 まれた自宅の納屋を改造したスタジオのほか、グランド・キャニオンのような自然の音響空間、世界最大のゴシック様式教会であるニューヨークの聖ヨハネ大聖堂で録音を行う。これまでにグラミー賞を3度受賞している。

 
”虚空の音”出演者
奈良裕之奈良 裕之 
(弓 スピリット・キャッチャー)


弓が祈りを運ぶ
弓が虚空の音を聴く
虚空の音は風の中に秘んでいる
KNOB
KNOB 
(ディジュリドゥ 天然空洞木)

母なる地球の産道を風が吹き抜けてゆく
命は虚空の彼方から風に乗ってやって来る
命は虚空の彼方へ風に乗って去ってゆく
虚空、それは母なる地球の子宮

雲龍雲龍 
(笛)

見える象(カタチ)は消えてゆく
聴える音も消えてゆく
その時残る響(オト)がある
虚空の音はここにある
長屋和哉
長屋和哉
(打楽器・磬)

全ての存在は虚空の音を秘めている

ガイアトップへ】 【第一番】 【第二番】 【第三番】 第四番】 【第五番】 【第六番】

戻る
■映画上映■ シネマ雄へようこそ