【株式会社シネマ雄】オペラ映画 ヴェルディ「リゴレット」ルチアーノ・パヴァロッティ 名作オペラを映像でお楽しみいただけます

リゴレット 帝王ヴェルディの最高傑作を完全映画化!魂のテノール パヴァロッティが運命の愛を歌いぬく

1982年 / イタリア映画 / イタリア語版(日本語字幕付) / 1時間57分




解説 いちばん大切なものを失った時、男の涙は、怒りに変わった 
「オテロ」と並ぶ、ヴェルディの2大悲劇のひとつであり、イタリアオペラを代表する傑作。

この華麗で、豪華なヴェルディの名曲の数々を当たり役、パヴァロッティが歌いぬきます。
 


16世紀の北イタリアの都マントヴァ。
宮廷道化師リゴレットを主人公に、純真な一人娘を好色な公爵にもてあそばれ、苦悩する父親の悲劇の運命とは-。
リゴレット 誰よりも、お前を愛していたのに
キャスト&スタッフ

マントヴァ伯爵・・・ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
リゴレット・・・・・イングヴァール・ヴィクセル(バリトン)
ジルダ・・・・・・・エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ)

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
原作:ビクトル・ユーゴー
監督:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:リッカルド・シャイー
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ウィーン国立歌劇合唱団
 
キャスト ルチアーノ・パヴァロッティ、イングヴァール・ヴィクセル、エディタ・グルベローヴァ 
スタッフ 作曲 ジュゼッペ・ヴェルディ、原作 ビクトル・ユーゴー、監督 ジャン=ピエール・ポネル 指揮 リッカルド・シャイー 演奏 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 合唱 ウィーン国立歌劇合唱団
美しいアリア

「女心の歌」
「慕わしい人の名は」
「悪魔め 鬼め」 他
アリア 女心の歌、慕わしい人の名は、悪魔め 鬼め





Copyright (C) 2017 Cinema You  All rights reserved.